ツーショットダイヤル千葉ミセスアイでエロ通話

千葉ミセスアイ

千葉ミセスアイは千葉県在住の男性と電話で話したい主婦や人妻と繋がる人妻専門ツーショットダイヤルです。

登録の時「ラッキーコード」2587#入力!
無料ポイント最大4000円!※18歳未満利用禁止

千葉はヤンキーで有名ですがヤンママとのセックスの楽しさまではあまり話題になっていません。ミセスアイで千葉の人妻と会話することで、床上手の千葉の奥さんがたの魅力の一端を垣間見ることができるかもしれませんね。


Voifull(ボイフル)
テレクラゼロ
テレクラミセスアイ

千葉ミセスアイ小説

千葉ミセスアイで下着メーカーの人妻と知り合いセフレになったことがありました。当時はあまりにも女の尻が軽い時代だったなと思います。

ツーショットで自己紹介の後すぐに下着トーク。
「奥さんの下着見るの?」
「見ようとは思わないね。着替えする時嫌でも見えるから(笑)」
「はは、そうね。うちも同じよ。」
「最近ブラ脱がしたことないなぁ」
「セックスないの?」
「あるけど、寝る時ブラしてないでしょ。ブラ脱がされるの?」
「そういえば無いわ(笑)脱がしたいのね。」
「はは、カミさんはいいよ(笑)」
「倦怠期?」
「そうかな。刺激を求めて(笑)」
「うちも倦怠期かねぇ?(笑)浮気しちゃう?」
「浮気あるの?」
「ないよ。そんな時間ないし」
「それで手短にってか?(笑)」
「そうね(笑)」
「はは(笑)」
そんな会話がのあと「ホテル行くか」と言うと「いいよ(笑)」駅で待ち合わせして「時間ないからアソコでいいよ」と5分くらい歩いた先にあるラブホを指差した。本気だと確信し歩き出し、周りを気にしながらラブホへ入った。
部屋へ入るとお互いに久しぶりのラブホで、部屋の中を見たりスイッチを触ったり。
友達感覚で恋愛関係でもないため、きっかけをどうしようと思っていたうちにソファへ二人で座った時にキスをして抱きしめた。
ブラウスのボタンを外し始めると彼女は力を抜き協力的でブラウスを簡単に脱がすことが出来た。
ブラの上から胸を触ると少し息を漏らした。ブラの中へ手を入れると乳首は既に硬くなっており、指で触ると「はぁぁぁ」と声をあげた。
ブラのホックを外し脱がすと「脱がす感じはどう?」と。「いいね」「私も」 乳首を舌で舐めながら、スカートの中へ手を入れると冷たい太腿とは違いアソコは熱くなっていた。
スカートのホックを外しを立たせるとスカートが脱げ、そのままベットへ寝かせた。
自分もパンツだけになり布団に入り、ストッキングの上から下半身を触っていると腰を浮かせて早く脱がしてほしい素振り。
ストッキングを脱がし、アソコを見ると少し濡れており、手をパンティの中へ入れると大洪水状態。意地悪くパンティの上から触っていると、パンティがベトベト状態になってきたので脱がすと
「すごく感じてるから早く入れて」と言ってきた。アソコに腰だけでアレを入れようとすると彼女も腰を使って応えてくれゆっくりと挿入すると、両手を枕の下に入れ大きく体をよじり始めた。
腰をグングン突くと「あぁぁぁ」と声を上げ応えてくれ、イッたのを確認し自分も発射し、シーツを見るとお漏らし状態。
「いつもはこんなにならないのに…」
と恥ずかしそうにしていた。
その後一緒にお風呂へ行き、バックでもう一度イカせその日は別れたが、その後もホテルへ誘われ何度も何度も抱いた。

Voifull(ボイフル)