テレクラ・ツーショットダイヤルのMAX

テレクラ・ツーショットダイヤルのMAXで女の子と話そう

広島ミセスアイ

広島ミセスアイは広島市近郊中心に、中国地方にお住まいの男性と電話で話したい主婦や人妻と繋がる、人妻専門ツーショットダイヤルです。

登録の時「ラッキーコード」
7766を入力すると無料ポイントが付くよ!
無料ポイント最大4000円!

18歳未満の方は、18歳以上の
社会人になるまで利用できません!

ラッキーコードを忘れずに!

広島ミセスアイの電話番号

0825531096

今の若い女性は知らないと思いますが、40歳以上の女性なら誰もが広島に根付くテレクラ文化を知っているので、広島ミセスアイで人妻熟女と繋がったらテレクラの思い出を聞いてみるのも良いかもしれません。
顔が見えないツーショットダイヤルだからこそ話せることもたくさんあります。

広島ミセスアイ小説

広島ミセスアイハメハメ物語。
初めてツーショットダイヤルで人妻とハメた純粋な男の話。


…車ち合わせ場所へ行くと本当にいました!顔は好みの綺麗目でスタイルが良く、おっぱいも大きいのでそのまま車に乗せて即ホテルに入りました。
部屋に入りと部屋に風呂にキョロキョロ眺めてる彼女に「先にシャワーでも浴びて来たら?」と僕。
彼女がシャワーを浴びてる間に僕も風呂に侵入すると
「えーっ!恥ずかしいからダメですよ。」
恥ずかしそうに隠そうとするが背を向ける彼女を後ろから身体を洗ってあげました。
風呂から出たらTVのエロビデオをかけたら
「わー!○○さんたら、こんなの視るんですか?まったく、そんなエッチなTVなんて視てー!」
「こんなの妻も子供も居たら家では視れないでしょ?いいじゃないですか。一緒に視ましょうよ。」
と誘うとチョコンとベッドの横に座りました。
少し視てから真剣に視る彼女の肩を抱き寄せたら抵抗しないからキスをしてベッドに押し倒し愛撫してたらすぐ濡れて来た。
硬くなった乳首を吸うと声を出すのを我慢してた彼女から
「あっ…」
と声が漏れ指をオマンコに入れ乳首を吸いながら指でクリとリスを刺激してただけで
「あっ…あっ…あっ…いっ…イクッ…」
指だけで早くない?と思いつつ、ぐったりしてる彼女を見てチャンス!硬くなってるペニスをあてがい先だけ入れると
「あっ…もう入ってる…」
感触を味わいなら入口付近でコチョコチョ出し入れしてるだけで
「あっ…あっ…あっ…あっ…」
少しずつ奥へ奥へ入れながらささやく。
「奥さんの気持ちいいよ。」
「あっ…本当に?」
「誰よりも気持ちいいよ。」
と褒めちぎると奥さんは
「私も、こんな感覚は初めて…」
そのうち満足いかず急に子宮に当たるくらい突くと
「ヒーッ!」
と悲鳴みたいな声が…。
奥まで突き子宮の周りをグリッグリッて回すと
「ヒーーーッ!何?何?これ…ダッ…ダメ…変になっちゃいそう…」
「奥さんの中も凄く気持ちいいよ。」
「あっ…あっ…あーん…誰よりも気持ちいい?」
「ああ…誰よりも…」
内心このままじゃ僕も早くイキそうだし…挿入したまま指でクリトリスを擦り刺激すると
「あっ…あーん!こんなの初めて…いっ…イッちゃう…もうダメー!あーん頭が変になっちゃうよ…もうダメ…もう止めて!お願いだから止めて…止めないで」
「本当に止めるの?」
「………」
「止めようか?」
「ダメー!もう…ダメ!イッ…イクーーー!」
とイッてしまいましたが自分が未だなので続けると立て続けにイキ潮を吹いたのか?凄くビショビショ。
さすがに自分も我慢の限界が来たので射精直前にすかさず抜き彼女のお腹に射精。
「着けてなかったの?まさか中には出して無いよね?」
「大丈夫!お腹に出したから。気持ち良かったでしょ?」
「貴方は?」
「もちろん凄く良かった。」
「なら良かった。」
もう1回やりたいと思ったら、彼女の子供から今から帰るメールが届くもんだから我慢して慌てて準備して送り届けました。
帰り途中にメアド交換して別れてから即「また会いたい。」とメールしたら夜になりOKの返事。
またスゲーやりたくてたまらない!待ち遠しいよ。

ポイントを追加したり精算したい人は
ここにお金を振り込んでね♪
振込名義は、登録したあなたの電話番号
でお願いします。
お名前で振り込んじゃったら、
お客様センターに電話してね!

広島ミセスアイの銀行口座
クレジットカード、電子マネーでの決済方法

クレジットカード、電子マネーでも
ポイントの追加、精算ができるよ

MAXの対応地域一覧

あなたのお家はどこですか?
素敵な女性をみつけてね♥

システムや操作方法

MAXのシステムと
操作のしかたを覚えてね♪

料金の説明

料金確認はしっかりね☆